魂の系譜:永遠のソウルグループ。AAマイケルの乙女団。

輪廻転生。

魂の不滅。

それすらも信じられない人にとっては、このセッションは、夢まぼろしとしか思えないでしょうが(~_~;)

しかし、魂は実際にこのように永遠のものなのです。はるかなる昔から生きてきて、そして、この先もはるかなる未来まで生きてゆく不滅のものとして、誰もが存在し続けるのです。

そして、それぞれの魂はツイン/ツインフレームを持ち、かつエネルギー的に引き合う、近縁の存在同士でグループを作っています。

それを教えてくれたのが、このセッションでした。

創造主のミラクル、宇宙の不思議が詰まった、壮大な話です。地球レベルをはるかに超えた話です。

私はこれまでに創造主やアシュター、AAマイケルから、私はどういう存在なのかという、私の魂のルーツに関する情報をたくさんもらってきました。魂の系譜シリーズとして、このブログサイトに載せています。

今回のセッションでは、AAマイケルとAAルシフェルが出てきて、セッションの目的を教えてくれたのですが。

そこには、彼らと私、いえ彼らと、”アシュター&私”との間の深い深い魂のつながりがあったのです。

最近、地球では、光と闇の軋轢がますます強まっていますね。

アセンションに向けて創造主の光が休むことなく注ぎ込まれ、地球の波動が上がっていくにつれて、抵抗する闇の最後の悪あがきも激化しています。そんな中で、私はNBSのスクール生の方たちと共に、マイケルの指示で、彼ら高次元存在と共同で働くことが多くなってきました。

その際、マイケルはミッションの準備のために、私に心身の浄化を命じます。内観でトラウマを手放したり、断食で身体を整えるようにと。でも、私にとってはそれをけっこうキツく感じる時もあって、そんな時には泣き言を言ったり、抵抗したりします。

そんな私に対して、マイケルが、何故彼が私をツールとして使うのか、その理由を教えてくれたのがこのコンタクトセッションでした。

わお、そんなにも昔から、私はマイケルたちとつながっていたんだ!

びっくりです。

しかし、これはね、私を見本として、皆さんにも見せているのですよ。このように、永遠の魂の絆を持つものは私やアシュターだけではないということ。

皆さんもそうなのです。そして、皆さんも必ずや、何か大きなソウルグループに属しているのです。

地球で3次元の肉体を持つ身としては、今はなかなか、この高次元での存在様式を理解するのは難しいでしょうが。

いつかわかるときが来ますよ。

あなた自身も、私たちと同じように、とてもとても壮大なる魂の歴史を持つ存在なのだということが。

いつか必ずわかるときが来ます。

そう思って、今回の私たちの魂のルーツの話を参考にしていただけたら幸いです。

この不思議なお話、高次元からの情報は常にビジョンでやってきます。言葉よりも、はるかに多くのことをいっぺんに伝えられるからです。受け取り手のコンタクティの方の素晴らしい能力のお陰で、魂の存在としての歴史、魂の真実がどんどん紐解かれていきます。(Mさん、ありがとうございます。)

 

 

error: