「鬼滅の刃」が今の話なら、あなたは戦いますか?

「鬼滅の刃」の話は、過去の架空の話ではない。

何故なら、「鬼」はすぐそこにいるから。

「鬼滅の刃」に熱狂した人々よ、煉獄杏寿郎の熱い思いに涙した人々よ、

彼らの物語は終わっていない。

彼らの物語は架空ではない。

何故なら、今、彼らと同じ状況を、私たちは生きているから。

「鬼」は、今の日本にもいる。しかも、たくさんいる。

第二次世界大戦は終わったが、日本人にとってはまだ戦争は終わっていなかった。

鬼に侵略されたままだった。止むこと無く、侵略は続いていた。

おかげで、真の日本人はどんどん減っている。

日本人の魂を餌食にしてきた鬼が、大手を振ってそこら中を歩いている。

外国に魂を売り、日本の国土への侵略を許し、工作員を多数招き入れ、日本の文化伝統をないがしろにし、実験ワクチンで人を殺して、日本の国体の滅亡を図ってきた政治家たちは「鬼」である。

その中で、今度の自民党総裁選びは、日本人の皮をかぶった「鬼」を選ぶのか、真の愛国者を選ぶのか、その究極の戦いである。

日本にふさわしいリーダーは、真に日本を愛する愛国者以外にはいない。言ってみれば、今の時代の鬼滅隊しかいない。

「鬼」を政治から排除するチャンスがようやく巡ってきた。長らくそのときを待っていた。

鬼滅隊はどこにいるのか?

見分け方は簡単だ。

真の愛国者であるかどうかは、靖国に眠る英霊たちに尊崇の思いがあるかないかで区別できる。

何故なら、特攻隊の若者たちこそ、煉獄杏寿郎だからだ。

特攻隊の遺書を読んでみるといい。そこには、祖国と同胞、家族への愛と自己犠牲の崇高な精神しかない。一命に代えても愛する者を守り抜く、その硬い決意しかない。彼らは「鬼滅隊」そのものだった。

今、日本人の魂は、まるで最期を迎えた煉獄杏寿郎のように、力を振り絞って訴えている。

「鬼を見分けてほしい」、「売国の政治家から国を守ってほしい」と、血を吐くような叫びをあげている。

あなたには聞こえませんか?

日本の命運をかけたリーダー選びを、決して間違えてはいけない。

正しい者が選ばれるように、今こそ立ち上がり、行動しなければいけない。

~~~~~

あなたの地元の自民党員、自民党の市会議員、県会議員、国会議員に、あらゆる手段でメッセージを送ろう。

「今度の自民党総裁には、真の愛国者たる高市早苗議員を望む」と、強く伝えよう。

 

 

関連記事

  1. 「もう真実を隠さない。1人1人のディスクロージャーが始まった」2020…

  2. アーキエンジェル・マイケルから日本人へのメッセージ

  3. 創造主との対話:虚偽を見抜く。不正を見逃さない。今回の選挙の目的とは。…

  4. 日本神界による立て替えの始まり:まず北から始めよ1(瀬織津姫のポータル…

  5. 羊の平和と賢者の平和

  6. 原点に帰る:AAマイケルからのメッセージ「スピリチュアルな叡知と力を実…

  7. AAマイケル&AAルシフェル:最後の審判~魂は自らの波動の世界で学び続…

  8. 日本神界による立て替えの始まり:まず北から始めよ2(封印をとかれた須佐…

error: