古き扉を閉め、新しい扉を開く。物質界の扉を閉め、精神界の扉を開く。

新海誠監督の新作映画「すずめの戸締まり」が話題になっている。

いろいろと思うところがある。私が日本神界の神々の指示を受けて行っていることとも重なる。

そう、大きな周期の終わりが来たのだ。

この映画がこの時期に封切られたことも、私が、2022-11-8のスーパー皆既月食(地球・月・天王星だけでなく、太陽・水星・金星まで並んだ)のタイミングで、出雲大社に行って”結びのミッション”を行ったことも、その後、地球と人類の進化を促す、今現在、最も重要な光線である白銀光(白銀のエロヒム)のバルブが全開になり始めたことも、そして来月、私が日本の守護に関わる非常に重要な場所に光の塔(柱よりも太い)を立てに行くことも、すべて、「古き世界の扉が閉じられ、新しい世界の扉が開いた」ことと関連している。

このたび、かつて天津神・伊勢の一族へ”国譲り”された国津神・出雲の一族の大国主様が、再び葦原中国(地上世界)の統治に立たれた。伊勢の神々の上に立つということではなく、2元性を体験するために在った大周期が終わったので、2つの神族も統合して、今後は一緒に日本神界を盛り立てていく、新しい次元の新しい周期で新地球、新しい神国日本を始めるということだ。

「すずめの戸締まり」の扉の向こうの世界は、どのような世界だったか?

負のエネルギーが渦巻いていただけの世界だったか?

己の波動、己が意識を合わせる次元によって、扉の向こうの世界は変わるのではないか?

私たちは、古い扉を閉め終われば、新しい扉を開き、新しい世界へ入っていく。

そして、実は、新しい扉はいくつも存在し、どの扉を開くかは個々人の波動で決まる。

私たちは、自分の波動に合った世界の扉に引き寄せられていく。

そして、既にもう、目の前に扉は見えてきた。

進化と呼べる世界は、物質界の扉を閉め、精神界の扉を開けた先にしか存在しない。

(この記事は、下のツイッターのスレッドから始まっています。)

https://twitter.com/MALight0010110/status/1596789238372397057

 

 

関連記事

  1. 「揺るぎなきアセンションへの道」(ワクチン自衛策)

  2. ニューアース・ビルダー・スクールの多次元体験

  3. ”いのちの森”に帰るとき:深まりゆく”水輪”との絆

  4. 共存しつつも分かれていくリアリティ。上昇するタイムラインへの信頼。

  5. あなたはいつ”Matrix”から目覚めるのか。

  6. 私たちの訪れを待つ”光を必要としている場所”

  7. 「鬼滅の刃」が今の話なら、あなたは戦いますか?

  8. 2021-12-14アシュター最新情報「高次元存在との会話:今このとき…

error: