「ニューアースへ向かう魂たち」創造主のギフト:母が遺したメッセージ(退行催眠コンタクト録音)

前回記事にしたように、2021-11-17に母が亡くなりました。

その前後で、アシュターとのプライベートコンタクト(退行催眠による高次元コンタクト)を通じてミラクルが起こったのです。この記事では、リアルな録音内容をシェアしたいと思います。(この記事の下に載せています。)

時系列で整理すると、まず、母が存命中で、まだ何も異変は起きていなかった2021-10-28の私のセッションで、思いもかけないミラクルがありました。創造主のギフトでした。

その1週間後、これまで介護施設で穏やかに過ごしていた母に異変が起きたという連絡が入ってきました。11/11のNBSでの波動砲ミッションを終えた翌日、11-12に私はお見舞いに行きましたが、結局、その日が生きている母に会えた最後の日となりました。

家族そろって11-18に再び会いに行こうと準備していた矢先、その前日の11-17の早朝に、私たちの予想を裏切って母は旅立ってしまったのです。眠ったままのとても穏やかな旅立ちだったとはいえ、私の夫含め専門家の医者たちも想定していなかった、急展開と思える出来事でした。

しかし、ミラクルはそれで終わらず、お葬式を終えた翌週の11-25のセッションがまた驚きでした。ここでも、創造主の素晴らしいサプライズが用意されていたのです。

この創造主のミラクルによって、突然の(3次元での)別れの悲しさ、寂しさにショックを受けていた私はどれほど癒やされ、励まされたでしょうか。

と同時に、思いました。

このセッションは、今この時期に多くの”死”に向き合わなければならない地球人に対して創造主が下さった1つのギフトであり、また、母の愛が私に遺してくれた最後の大切なメッセージであったのだと。

それゆえ、今の時期、同じような体験をされる多くの人たちにもこの創造主のある意味でのレッスンを知っていただきたく、公開動画にすることにしました。

これまで創造主は、個人を対象にした私の多くの祝祭セッションを通じて、「死が終わりではないこと」を見せて下さっています。「卒業なんじゃよ。(3次元での学びを終えた)お祝いなんじゃよ」と伝えて下さっています。

魂は不滅です。

私たちが体験する人生は、魂の永遠の旅路の一部、途中のごく短い道程に過ぎません。

輪廻転生は、何度も何度も繰り返すステップで、1回体験するごとに魂は成長のはしごを登っていきます。

そのことを、もし、今のあなたはわからなくても、肉体を脱いだそのときにははっきりとわかります。

自分が何故、この人生に生まれて、この人生をそのように生きて、この人生をそのように終わらせたかもわかります。

だから、怖れることはありません。

自分ではなく大切な人が”死の門”をくぐっていくときにも、それは別れではありません。

どれほど悲しくても、その悲しみは永遠ではありません。

必ずや魂の再会という形で、悲しみが癒やされるときはやってくるのです。

創造主の愛をどうぞ信じて下さい。

 

 

関連記事

  1. 今こそ怖れを手放すために:AAマイケルからのメッセージ「怖れを抱きしめ…

  2. AAマイケル&AAルシフェル:最後の審判~魂は自らの波動の世界で学び続…

  3. ふたたびNBSヴァーチャル反ワク一揆、外部団体デモへの光のサポート、そ…

  4. 「今、日本神界があなたに気づいてほしいこと」

  5. 日本神界による立て替えの始まり:まず北から始めよ2(封印をとかれた須佐…

  6. あなたはいつ”Matrix”から目覚めるのか。

  7. 「もう真実を隠さない。1人1人のディスクロージャーが始まった」2020…

  8. 2021-7-25アシュター・スペシャルレポート「ワクチンの影響と次元…

error: