「被害者vs加害者」光の大天使ルシフェルの授業

この記事には続きがあります。

一昨日の衝撃的な夢から2日経って落ち着きを取り戻し、いろいろと冷静に考えられるようになりました。あれは夢ではなく、アストラル次元で本当に起きたことでしょう。あまりにもリアルでした。

まず、あらためて思ったのは、やはり私は「魂の帰還を支援する者」なのだ・・ということ。

2016年、創造主を通してアシュターと再会した直後でしたが、その秋から私が始めた愛のミッションに、私の魂の本質がすでに表れていました。愛のミッションとは、私が創出したロスト・ソウルをリトリーバルするミッション、光の故郷への帰還を支援するミッションです。当時はまだ、創造主の宇宙の成り立ちについても、AAマイケルが導くアセンションの道についても、私は学んでいませんでしたが、それでも何かに突き動かされるように、私はこのミッションを闇雲に始めていました。まあ、イシスさんも、瀬織津姫様も「魂返し」のミッションを担う人たちでしたから、私のオーバーソウルグループ全体に共通する使命がそのとき目覚め始めた、と言えるのでしょう。

その部分が、今回の夢でも出てきたわけです。今回の夢でも、私の家の庭は光の故郷/ニルバーナにつながるポータルとなっていて、子どもたちは私の庭に集まってから、ニルバーナへと還っていきました。

実際にマイケルたちが仰るには、上の次元から見ると、この次元の私の家は高い光のタワーとなっていて目立つそうなので、肉体を離れてアストラル界へ出た子どもたちが、ここを見つけて容易に集まってくることができたのであれば、とても嬉しく思います。

さて、夢れぽの中でも「これは、AAルシフェルのメッセージではないか」と書きましたが、やはりそれで合っている気がします。まだコンタクトで確認していないので、私の直感ではありますが。

昨夜、”合図”が来たようです。上のチームお得意の電子機器を操るマジックで(^_^)

ツイッターの投稿をスクロールしていたら、”ルシフェル”という文字が書かれている投稿が目に入りました。止めて、よく見ようとしたら、あっという間に、その投稿は別の投稿の下へするすると潜って消えてしまいました。そう、まるで、紙を別の紙の下に差し込んだかのように見えなくなってしまったのです。

その動きが意志をもった生きものみたいで、”隠れる”という言葉がぴったりだったので、唖然としてしまいました。その後も最初に目に入った投稿をさんざん探しましたが、もう二度と見つからなかったのです。

そんなことが立て続けに2度もあったので、そうか、”ルシフェル”という言葉を私に伝えたかったのだ、とさすがに気がつきました(^_^) 大体、ツイッターで”ルシフェル”という言葉を見かけること自体、殆ど無いでしょ。だから、これは彼からの合図で、おそらく「夢の解釈はそれでいいよ」と言ってくれていたのでしょう。(あ、今日もラップ音が頻繁です、今も(~_~;))

さらに、そこからまたいろいろと思い出しました。実は、私は最近、問いかけていたのですよ、ルシフェルさんに、幾度となく!

「今の社会情勢について、あなたはどう思っているんですか? あなたのメッセージは何ですか?」と! 今、こんなにカオスになってしまっている状況に関して、彼だったら何を言うのかしら?と、非常に興味がありました。だから、問いかけていた・・・ そのことを忘れていました(~_~;)

さらに、NBS生は、NBSの授業に用いた2022-3-31のアシュター・プライベートトーク・プレミアムの中で、ワクで亡くなった人々の魂のリトリーバルに関する話が出たのを覚えておられるでしょう。その時、私は彼らの状態をとても心配していましたね。私は、亡くなった人の魂、残された遺族の魂、のみならず、被害者となった魂、加害者となった魂、裏切りが日常化し信頼が潰えた社会、大きな傷を受けた人類の集合意識、そういうものについても、深刻な懸念を持っていることを彼らに伝えていました。

しかし、当時、それに対する上のチームの反応は、「最近のワクによる犠牲者の魂については、本人のみならず、残された遺族の方がまだ手放す準備ができていない。彼らの方が罪悪感で凍りついていて、亡くした者を手放す準備、次へ進ませる準備ができていないので、ワク犠牲者への愛のミッションは、まだ時期尚早です」というものでした。

私は早く何らかの行動を起こしたかったので、それを聞いて少しがっかりしました。

しかし、彼らは、その時の私の愛も不安も無視することなく、正面から受け止めてくれていたんですね。

今回、それがわかりました。私の問いや、私の心に生まれた陰に対して、ルシフェルさんが応えてくれたのです。癒やしを行うと同時に、学びも与えてくれたのです。そう、この夢を通じてです!

ところで、ルシフェルさんについて、NBS生ならご存じですが、彼は光の大天使として私たちの意識領域に再登場して以来、というか、私たちが彼の本当の姿を認識できる波動レベルまで上昇して以来、光と闇の統合の証として、常にマイケルと行動を共にされています。私たちの前には必ずお二人で出てこられます。

(注:もし、堕天使物語をいまだ信じている方がおられたら、”2元性の宇宙の始まり”をどのように解釈するか、起きたであろうことをどのように想像するかは、こちら側の問題、特に波動レベルが関係する問題だと言っておきましょう。あらゆる堕天使物語は、そのようなストーリーとしてしか理解できなかった人間側が作り出した物語です。結局は、その波動レベルで人間の意識が想像して理解したものなのです。それよりも高い波動・次元に立てば、別の見方、別の理解が可能になります。悪魔やルシファーと呼ばれるものが存在しないとは言いませんが、それは低い次元、4次元低層/アストラルレベルより下の低い波動帯の世界の話で、人間が創造したものです。人間のネガティブな想念が創り出してしまった、実体を持たせてしまったものです。本来の光の大天使ルシフェルさんとは、実は何の関係もありません。本来、光の大天使である彼のすばらしいエネルギーが低い次元においてはそのように利用されてしまった、というのが真実です。光に向かう光、闇を見つめる光ーNBS・4次元授業その2でもお伝えしていますね。しかし、これは、既存宗教の信念体系の中で育った人にはなかなか理解し難いでしょうね・・・)

これまでは、NBSでも、ルシフェルさんはマイケルがお話されるのを横で聞いているだけで、単独でお話される機会は殆どありませんでした。しかし、時々、ルシフェルさんが彼の力を使って私たちにレッスンを与えて下さると、それは非常に深いものになります。

マイケルのレッスンが私たちに、外の世界との関係をどう捉えるかを教えるものだとしたら、ルシフェルさんのレッスンは私たちに、自分の内部の世界に深く潜っていくように導くものです。逆向きの力が働いています。今回の夢も、私の内に深く入ってくるルシフェルさんのレッスンであったから、これだけ深いものになったのだと思います。

もう1つ、大きく繋がっていたことがあります。

最近、私は思い立って(というか、上から促されて(~_~;))、NBSを紹介するキャッチフレーズ「創造主に導かれ、AAマイケルからセルフマスタリーを学び、アシュタールから愛を学ぶ、地球で唯一の生きている学校」に、もう一言付け加えました。「創造主に導かれ、AAマイケルからセルフマスタリーを、AAルシフェルから2元性を、アシュタールから愛を学ぶ、地球で唯一の生きている学校」としたのです。そして、NBSのカリキュラム自体にも、2022年度から「AAルシフェルのクラス:2元性の統合」を付け加えました。

つまり、既に、ルシフェルさんの授業が始まっていたのです!

私に降ろされた夢はやはり、ルシフェルさんから私への回答であり、癒しであり、同時に授業だったのです。

彼は何を教えてくれたのでしょうか?

そう、まさに2元性の統合です。

2元性といっても、もちろん、光と闇だけではなく宇宙のすべてに2元性があり、この宇宙の創造は太陰太極図に表されるように、創造主の2つの力によって成されています。コインに必ず裏と表があるように、男女両性があるように、すべては対の組み合わせです。ですから、2元性自体が悪いのではありません。

問題になるのは、3次元においてはその極性が高すぎることなのです。極端過ぎることなのです。ですから、アセンションの螺旋を上へ登っていくために必要となる2元性の統合とは、2極の間の距離を縮めていくことを意味し、その意味で、これまでのように単純に被害者と加害者に分断するのは、2元性の枠に捕らわれ過ぎた物の見方ということになります。

私の夢の中では、被害者たる子どもたちの魂は、この世での自分たちの課題を達成し、嬉々としてじっちゃんの元へ還っていきました。被害者のふるまいではありませんでした。それを見送る親たちの魂も、最初から魂の計画を知っていて、嘆き悲しむことも、誰を何を恨むこともなく、穏やかな心持ちで子どもたちを送り出していました。被害者のふるまいでも、加害者のふるまいでもありませんでした。

つまりは、この3次元ではどれほど苛酷な状況に見えようとも、魂の視点から見れば、すべては、創造主の御手の中での愛の循環だったのです。

そのようにして、ルシフェルさんはこの夢を通じて、私に、

・被害者、加害者という2元性の見方を超越するレッスン

・人類の集合意識は大丈夫、今回の傷を乗り越えていけるという新たな気づき

・何もできない無力感が生まれつつあった私への癒し

を行ってくれたんですね。ふう~、深っ。ルシフェルさんのレッスンは深いです。

ということで、2022年度のNBSのカリキュラムには、ルシフェルさんの授業が加わりました。

いったいどれほど素晴らしい体験が、この先待っていることでしょうか!

さて、最後に1つ、夢の記事を読んだ読者の方からのメールを紹介させて下さい。

~~~~~

2022-4-24

まどか様

今はただ、ただ、私のうちにある

ありったけの命への愛おしさを

そっと旅立つ魂と見送る魂に

重ねていたいと思います。

何故か3日前より脳内再生されていた

Mr.Children の「花の匂い」

まどか様の夢レポのイメージと重なって

思いが涙になって流れてきます。

「これでいいんです」と言った親の魂の言葉

胸に刺さりました。

私の子供たちも自分たちの進路のため

接種の選択をしました。

魂を込めた私の説得に対する彼らの答えは

「たとえこの選択で命を縮めることがあっても

瞬間瞬間を生きていたい」という強い思いでした。

親として、もう何も言えなかった。

だだただ泣いて、愛して、彼らの魂の選択を

尊重するいう心の工程をたどってきた私には

お庭で楽しそうに遊ぶ子どもたちと

見つめる親たちの思いが

言葉にできないほど伝わってきました。

「この思いに慣れることができない」

本当に、本当にそうですね。

でも、ちょっと変かもですが、

泣いて下さってありがとうございます。

泣いて下さったことがうれしかった。

涙はお清めと慰めになります。

旅立ちの花向けす。

そして「思いに慣れることが出来ない自分」

だからこそ、まだこの世にいて

ここで果たす役割を果たしていける。

自分の学びと成長とともに。

私は、旅立った、そしてそれを見送った

沢山の命、おそらくこれからも沢山起こる

であろう出来事をありのままで受け止めるとき

やはり泣くしかないのかもしれないけれど、

その涙も私の命の片割れですし、

その瞬間はせいぜい泣こうと思います。

まどか様のお庭のような場所が

あって、本当に良かった。

私の住む○○にも

そんな場所はきっとあると思います。

できたら私もそんな場所を作りたい。

長文大変失礼致しました。

大きなお役目無事果たされますよう

陰ながら応援しております。

シェア誠にありがとうございました。

(一般読者 J.K.さんより)

~~~~~

いろんな思いが凝縮されています。

子を持つ親であったなら、私が見た夢は必ず痛みを引き起こすはずです。

私はおおいに泣いて良いのだと思います。

確かに、アセンションの螺旋を登る上でバランスと調和が取れてくれば、感情的な大揺れは少なくなってきます。中庸を保てるようになれば、大泣きするということも無くなってきます。

私はかなり高い視点まで上がれるようになってきました。宇宙的視点です。いや、宇宙人的視点というのかしら(^_^)。私は自分自身を思い出したからです。

しかしそれでも、私は今回、大泣きをしました。「もう、大泣きできないかな」と思っていたけれど、大泣きしました。そして、その自分が好きでした。大泣きできる自分を愛しいと思いました。

どれだけ高い波動、視点に上がっていっても、下へ降りてきて、苦しむ人に寄り添って泣くことはできます。

この涙は、過去において、自分がもっと低い波動にいた時に流した涙とは違うんですね。

過去においては、他人の体験がトリガーとなって、自分の痛みが浮き上がってくるたびに泣いていました。

しかし、今は違います。純粋にその人の思いが共有できるようになったから、その人の立場を思いやれるようになったから、泣くのです。

だから、私が泣くと、アシュターは「あなたの涙はとても美しい」と言って、薔薇の花びらですべてを拭い、集めてくれるのです。そして、言うのです。「これはニューアースの創造に使うのだよ」と。

下方の肉体系3チャクラの浄化が進んでくると、聖なるハートが拡大を始め、アダマンタイン粒子をたくさん受け取れるようになります。アダマンタイン粒子を受け取れば受け取るほど、慈愛=他人への理解と思いやりが深まってきます。他人の痛みに敏感になり、それを、自分の愛で洗い流してあげたくなります。それが、涙として現れるのだと、私は思っています。

この愛を、J.K.さんは感じ取ってくれたんですね。

ステキなメールをありがとうございます。花の匂い・・・泣ける歌ですね・・・・。

花の匂い Mr.Children 歌詞

~どんな悲劇に埋もれた場所にでも 幸せの種は必ず植わってる

こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら その種に水を撒こう~

 

 

関連記事

  1. 受付開始:2021.8.8 ライオンズゲート・アシュタール祝祭ワーク「…

  2. 光に向かう光、闇を見つめる光ーNBS・4次元授業その2

  3. アセンション雑感

  4. 主権意識に目覚め、歩き出す。今、私たちにできることーNBS・3次元授業…

  5. 2021-7-25アシュター・スペシャルレポート「ワクチンの影響と次元…

  6. (2022-2-5追記)分かれゆくタイムラインとアセンション、あなたは…

  7. ふたたびNBSヴァーチャル反ワク一揆、外部団体デモへの光のサポート、そ…

  8. 「揺るぎなきアセンションへの道」(ワクチン自衛策)

error: